恥垢がたまると臭いやかゆみの原因に。痛いのNG!男女別の落とし方紹介

デリケートゾーンを不快にする原因の一つが恥垢ですよね。
見た目も汚らしいし、臭いもきつくてうんざりしてしまいますし、かゆみも気になります。

しかも、お風呂でしっかり洗っているつもりなのに1日で汚れが復活しているし、ゴシゴシするとヒリヒリしみて痛い(泣)

そもそも、恥垢って一体何なんでしょうか?どうしたら効果的に落とせるのでしょうか?

恥垢が溜まる原因や正しいケア方法を一緒にチェックしていきましょう(^o^)
男女別に恥垢を落とすべきポイントや痛くない洗い方がありますよ。

 

恥垢が出る原因や理由

汚れが気になる男子君
チンカスって、溜まるのが普通ですよね!?
悩める相談者子羊ちゃん
まんかすも溜まるのって異常じゃないですよね!?
デリ看 うらら
もちろん。生きている限り溜まります(笑)

 

いわゆるチンカス、マンカスと言われている嫌われ者ですが、生きている限りは溜まることが当たり前です。
しかし、臭い恥垢になってしまうかどうかや、恥垢自体が痒みの原因になってしまうかには個人差があります。

恥垢とは → 

尿やおりもの、要らなくなった皮膚、汗などが混じり合った垢です。
皮脂が混じっており、尿や汗で湿潤するため乾燥しにくく、ベターッと粘土のような質感になり陰部の複雑な形状に入り込みはびこってしまいます。

タンパク質や皮脂汚れなのでお湯だけでは落とすことができません。
女性ではクリトリス部分の皮の下に溜まってしまい雑菌が繁殖することで色も黄色や茶色っぽく変化し臭いも更に臭みを増します。

 

恥垢が溜まりやすい人とは

女性

デリ看 うらら
溜まりやすい場所に赤で印をつけたよ。特にクリトリス部分は剥いて洗う。剥いて流すが必須ですね。

 

 

女性の陰部に恥垢が溜まりやすい理由・形が複雑で汚れが入り込みやすい。
・自分でぱっと見れないため汚れが落とせているかがわからないままになりやすい。
・敏感な部位であるため、洗うこと自体が痛い、ヒリヒリとしみるため洗い方が不十分になりがち。
・形が複雑で洗い流しにくく、石鹸成分が肌に残ってしまい雑菌のエサや新たな恥垢の原因になってしまう。
・恥垢を気にしすぎて洗いすぎる。

 

包茎の男性・男児

包茎部分に恥垢(チンカス)が溜まってしまいます。
剥いて洗ったり流したりするときに痛みを伴う人もいるためどうしても清潔が不十分になりがちです。

ずっと皮をかぶっているため皮膚が湿潤しやすく温度も保たれるため雑菌が繁殖しやすく臭い恥垢ができやすいのも特徴。

特に成人男性の真性包茎の場合は本人が洗いたくても洗えないため悩みは切実です。

 

妊婦さん

妊婦さんは女性ホルモンの変化でどうしてもおりものの量が増える時期があります。
お腹も日に日に大きくなるためアソコを洗いにくいですよね。

皮膚も敏感になるため、陰部を洗ったときにヒリヒリとしみてしまい洗うこと自体が苦痛になってしまう場合も少なくありません。
デリケートゾーン用の石鹸を購入する人も多いのですが、バラの香料やエッセンシャルオイルなどが刺激になることはあまり知られていないため「アソコ用の石鹸のくせにしみる!痛い!よくない!!!」という結果になってしまい結局洗い残しがあるままになってしまう人も。

 

閉経後の更年期女性、シニア女性

同じ女性でも、特に恥垢が溜まりやすいのはシニア女性です。

膣をバイ菌から守るデーデルライン桿菌は女性ホルモンの分泌と密接に関わっているため、シニア女性の膣には存在していません。
(量も閉経とともに徐々に減少していってしまいます)
膣自体も退行性萎縮が進行するので常在菌が繁殖しやすくなり、常在菌で腟内を守るというメカニズムに変わります。

 

シニア女性に恥垢が溜まりやすい理由・閉経前はダラダラと少量の生理が続き、栄養が豊富な血液が恥垢化して臭いの強い恥垢が溜まってしまう
・デリケートゾーンのお手入れを習ってきていない世代で陰部を触れることに抵抗感がある人が多い。
・尿漏れなどに悩む人が増え、アンモニア臭の強い恥垢が溜まってしまう
・セックス回数の減少に伴い陰部への関心も薄れる人が存在する

 

おりものが増えるような感染症にかかっている人

カンジダや膣トリコモナスなど性感染症に感染している場合、おりものが増える・変化することに伴い恥垢も増加します。
おりものが多いため大陰唇や小陰唇の周囲にまで溢れてベッタリと固まってしまうんですね。

 

セックス後、一人エッチ後

セックスの後愛液が排出されるのに伴って恥垢も増加したように見えることがあります。
またセックスやオナニーなどのセルフプレイの際にローションを使用する人もいるでしょう。ローションの残りが膣内から排出される過程で恥垢も増加します。

 

悩める相談者子羊ちゃん
確かに。エッチした次の日はアソコがちょっとべたつくかも。放っておいたらマンカスになっちゃうのかぁ
デリ看 うらら
恥垢が出るのは正常ですからね。臭いやかゆみの原因になったり見た目的に汚らしくならないようにお手入れすることが大事だよ

 

ボディローションの中には、水分を吸収することでぬめりを出すものがあります。例えば、大手ぬるぬるボディローションに入っているポリアクリル酸ナトリウム。
口に入っても安全な素材なんですけど、女性の膣の中に大量に入ると膣内で水分を吸ってカス化してしまい排出できず臭いやかゆみの原因になっちゃうことも。
膣の潤滑を目的とした潤滑ローションと、ぬるぬるが目的のお楽しみ用のボディローションは全く別物なので注意してくださいね。

 

恥垢が溜まることのメリットとデメリット

・生きている、分泌物が出るような代謝が行われている証拠。
・幼児の男の子の場合一度剥いた皮が再癒着してくっつくのを防ぐ膜のような役割をする

 

・臭いが臭い
・かゆみの原因になる
・見た目が汚らしくて最悪
・膀胱炎の原因になる場合がある
・真性包茎、特にHPV(ヒトパピローマウイルス)を洗い流せないため陰茎がんリスクになるという説もある

 

デリ看 うらら
まあ、ほぼデメリットなのできちんと洗い流して溜め込まないようにしておきましょう。

恥垢が溜め込まれると、悪臭が増す、かゆみなどで不快、病気のリスクとなる、自分に自信が持てない、セックスのときにがっかりされるなどイイことがありません。
気づかないうちに溜め込んでしまった場合、石のように石灰化して痛みも出てくるため特にクリトリス部分の洗い方には気をつけましょうね。

 

恥垢を痛みなく落とす方法3選

デリケートゾーン用石鹸で毎日きちんと洗うケア方法

デリケートゾーン用の石鹸で正しい洗い方を継続することが大事ですね。
汚れは蓄積すれば、雑菌(大腸菌など)やアンモニアが付着して臭く、汚くなるため汚れを溜め込まないことが重要です。

NGな陰部の洗い方・スポンジやナイロンタオルでゴシゴシ洗う
・お湯だけで優しくさっと洗い流す
・膣の仲間で指を入れてしっかりと洗う
デリ看 うらら
どれもこれも間違いです。余計に恥垢を増やしますよ。

恥垢はタンパク質や皮脂が主な汚れ成分なのでお湯では全く落ちず、汚れが伸びて広がるだけです。
そして薄く伸びた汚れの上にまた汚れがたまるという悪循環を引き起こします。
皮膚科などで、炎症がひどい場合はお湯だけで洗うことを指示される場合も稀にあるようですが汚れを落とせないという点ではNGケアですよね。

ボディソープで、体と一緒にゴシゴシもNGです。
薄くて乾燥しやすいデリケートゾーンの皮膚を刺激してしみたり痛みの原因になりますし、細かいひだや皮の内側は全く洗えていません。

膣の中は、専用の蒸留水や洗浄液以外では洗ってはいけません。(これは医薬部外品、医薬機器として認定されているもので、セぺやインクリアなど容器にも細かい配慮がなされている商品です。それでも、毎日使うことは推奨されていません)
膣を守ってくれる常在菌が死滅することはもちろん、どうやって洗い流すのですか?
残った石鹸は刺激になり炎症や、カスの原因になります。

ネットでは堂々と、膣の中まで洗えるというデリケートゾーン用ソープが販売されておりますので注意が必要です。

正しい陰部の洗い方のポイント
・指で優しく丁寧になぞるように洗う
・小陰唇(びらびら)の折れ目部分やクリトリスの包皮部分に汚れが溜まりやすいのできちんと剥いて洗う
・洗い流しも重要なので、しっかりと流す
・しみない、洗い上がりが気持ちいい感触があるデリケートゾーン用石鹸を選択する

デリ看 うらら
まずは手鏡で洗う前の恥垢の付き方と、洗った後の状態を観察してみることが第一歩です

デリケートゾーン用の石鹸は種類が多数ありますが、まずは自分の肌の声を聞いてください。
黒ずみが落とせる、ニオイ対策、全て魅力的な響きですが、基本は「毎日使っても安全で、使い心地が良いもの」です。
私も、しっかり洗い落としができるようになってからは汚れがつきにくくなったように感じています。

 

男性の洗い方はこちらに詳しく書いていておきましたのでごらんください。

 

刺激を最小限に恥垢を落とすオイルケア

どうしても石鹸がしみる、特にクリトリス部分や膣口付近でヒリヒリしてしっかりと洗うことができないという人に試してほしいのがオイルマッサージ。
オイルを指に付け、汚れが溜まりやすい部分を中心に、汚れとなじませるようにくるくるしながらマッサージします。
恥垢はタンパク質や脂質が主成分のため徐々にオイルと汚れが親和して皮膚から浮き上がってきますよ。

 

デリ看 うらら
陰部は東洋医学や漢方では脳につながっているとされるため、幸福感のアップにも効果的なんですよ

 

おすすめオイル・太白ごま油 がん患者の口腔ケアにも使用するにおいのない透明なごま油。スーパーで簡単に入手できます。
・米油 さらっとしており使いやすい。アレルギーを起こしやすい人にもおすすめ。

人気のナッツ系オイルは値段が高く、アレルギーを起こす人もいるのが難点。
看護師さんのおすすめはスーパーで簡単に手に入る太白ごま油と米油です。どちらも料理にも使えるので、小瓶にとりわけして使うと良いですよ。
もちろん、ミックスもOK。オイルで親和させた後は、石鹸で軽く洗い流せばOKです。

陰部のケアに関してはアロマオイルはおすすめしません。
特に天然の精油は刺激が強く単独での使用はしませんよね?陰部は経皮吸収率が高いため(腕の内側の皮膚が1とした場合42倍)アレルギーや刺激を感じるリスクも高いからです。

アロマは陰部以外のマッサージやケアで使用するのがおすすめです(^o^)

 

緊急事態に!拭き取りで恥垢を落とす方法

急なデートやベッドインの可能性がある場合は緊急事態(笑)1日お外で遊んだ後、いざ夜となった場合も正直気になる恥垢。ああ、緊急事態。
出先から産婦人科の検診を受ける場合も、緊急事態ですよね。

そんな時は、拭き取りで恥垢を落としてしまいましょう。
前から後ろに拭き取ります。ゴシゴシせず、軽く圧をかけてゆっくりとずらしながら拭き取ると恥垢を絡め取ってきれいに落としてくれます。

デリケートゾーン用のワイプシート(拭き取りシート、デオシート)も良いですが、おすすめは赤ちゃん用のおしりふき。

価格も安いですし、さすが赤ちゃん用!ふわっと柔らかなウェットティッシュでアソコの皮膚にも優しいです。
繊維残りしにくいのもGOOD。

デリケートゾーン専用の拭き取りシートも良いのですが、香りがついているためアソコの臭いと交じるのではないかと心配という声も聞きます。
また価格が高い!陰部以外に応用が効かないため干からびてしまったなど、使い勝手に改良の余地ありですね。
デザイン的には素敵なものも多数登場していますので、試しに使ってみるのは良いかもしれません。

汚れが気になる男子君
明らかに拭いたなっていう臭いや苦味も男性としてはちょっとテンション落ちますね。そんな事しなくてもいいのにな。

 

100均で買う時のポイント・赤ちゃんのおしりふきが良いので、ベビーコーナーへ。
・アルコールが入っていない(しみます。日本人の数%がアルコールアレルギーなので下手すればかぶれます)
・パラベンなどが入っていない(保存料として入っている場合もありますが、人工香料や着色料、保存料は極力避けたいですね)

 

恥垢を気にしすぎる、洗いすぎるデメリット


悩める相談者子羊ちゃん
でも、まんかすどうしても気になって、、、まんこが汚いと、女として終わってる気がします!!!

デリ看 うらら
では、やりすぎ気にし過ぎの結果はどうなるかも教えておきます。

 

恥垢を気にしすぎる、洗いすぎた結果はどうなる?

・エッチに集中できずせっかくの楽しい時間が台無し。
・そもそも、恥垢が気になってエッチできない。
・強力な洗浄力をウリにするデリケートゾーン用石鹸やコスメを買いまくりお金がかかった
・洗い過ぎで、かぶれた
・敏感肌になってしまった
・恥垢が増えた

 

汚れが気になる男子君
え、ちんかす、まんかす増えんの?

 

汚れを落とそうと、過剰に洗いまくると常在菌やまだターンオーバーしていない皮膚まで剥がすことになります。
皮膚は自分自身を守ろうと、頑張って皮脂を分泌しまくります。
ターンオーバー速度もどんどん加速し、いわゆる敏感肌という状態に(泣)

それに、細かい小傷ができれば雑菌も繁殖しやすくなりますよね。…ということは、臭い恥垢も増えるということ。

やりすぎは良くないです。

1日1回(緊急事態の場合はのぞく)信頼できる石鹸を使用して、正しい洗い方、洗い流し方で清潔を保っていきましょう!

 

まとめ

恥垢は臭いやかゆみの原因になるため、きちんと落としましょう。
私自身も、時々オイルケアをしてアソコの血行促進の他、恥垢もきれいに落とすスペシャルデーを設けています。

オイルなら膣内もマッサージできるので膣内清掃?も兼ねてたまにマッサージ❤

恥垢に限らず、汚れは溜め込まないことが大事ですね。
痛みがあるとどうしても恐怖心からきちんと丁寧に洗えないため、まずはデリケートゾーン用の石鹸の中でも低刺激で自分に合うものを探すことから開始すると良いですね。

美マン、美膣になれるようにお手軽な恥垢ケアから、マン活、膣活していきましょう~。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP