メッセージ

メッセージ

このサイトにお越しいただきありがとうございます。

BirthSweetness】は、「デリケートゾーンからNIPPONの女性を快適に」をモットーとして、看護師の視点から正しく情報を提供し、陰部に関して悩む全ての女性にとって身体にも心にも優しく、安心安全な製品作りを目指しています。

あなたは、陰部やセックスのお悩みをどのように解決していますか?

何だかちょっと痛くて痒い時。 セックスで悩んだ時。 陰部の匂いや黒ずみが気になる時。 脱毛したいけどどの方法が自分にあっているかわからない時、

「どうしよう、、、」のその時に信頼できる人に相談して心のモヤモヤを解消できていますか?

さらに、ネットで解決法を探そうとしても、なかなか欲しい情報にたどり着けないことも。

「知りたいのはこんな事じゃないんだけどな、、、」

「アダルトサイトに飛ばされてびっくりした!」

「この情報、本当に正しいの?」

などというフラストレーションを感じたこともあるでしょう。

海外ではデリケートゾーン(女性の陰部)はケアをすることが当たり前の文化です。

例えばフランスではデパートに、堂々とデリケートゾーン用の石鹸やローションがありますし、母親から娘に、お手入れの方法が教えられています。

しかし、日本ではどうでしょう?

日本では、こういった製品を公序良俗上好ましくないとして公の場にさらけ出すことを良しとはされず、個人においても、陰部の悩みがあってもそれを率直に語ることに非常に抵抗を感じる傾向にあります。

たとえ、仲の良い友人や親子であっても、なかなか悩みを打ち明けることができず、一人で思い悩んでいる女性も少なくありません。

実際、看護師という立場上、デリケートゾーンの悩みを訴える声をいただくこともあり、世の中の多くの女性が同様の問題に直面しているのだと感じます。

それにもかかわらず、

「病院に行くほどの不快感ではないから」

「恥ずかしいから」

といったような認識不足や恥じらいから、ネットで闇雲に解決方法を探したり、自己流の誤ったお手入れをしている人が非常に多いのです。

これはもはや、日本は「デリケートゾーン後進国」であると言っても過言ではないでしょう。

日本の女性がはつらつと美しく輝くには、このような不安や心の翳りを取り除き、内面から女性としての自信を持つことが重要であると私は思うのです。

私は看護師という専門職ですが、デリケートゾーンの不快感や、セックスに悩む普通の女性でもあります。

デリケートゾーンのお悩みが原因で、自分が女性として自信を持てなくなった時期がありました。

綺麗で快適でありたいし、潤っていたいと思うのは自然な事なのに。

汚いからケアするのではなくて、もっと綺麗になりたいから、気持ちよくなりたいからケアをしたいんだという気持ちに正直になった時、心も身体もスッと楽になりました。

だからこそ、デリケートゾーンケアは女性としてのステップアップなのだと、悩んでいるあなたに知ってほしいと思っています。

とっても大切な事だからこそ、正しい情報、わかりやすい情報が必要。

そして、一生付き合っていくとっても大切な身体の一部分だからこそ、優しくて気持ちが満たされるものを使いたい。

そうだ、【新しい習慣で新しい私】に。

近年注目されつつあるデリケートゾーンケア、あなたも一緒にはじめてみませんか?

Sweetness Care

代表看護師 菊地みほこ

PAGE TOP